カナダ東部の旅〜2001年夏

Updated on 2002.05.19

■序章

初めてのアメリカからの純粋な海外旅行です。1週間の夏休み、どこへ行くか?と考えて、はじめはメキシコを検討しましたが、雨期に当たるということでメキシコは次回に回し、避暑をかねてカナダへ行くことにしました。しかしカナダと一口に言っても広いです。大自然を満喫しようと思ったら、ロッキー山脈のある西部になるでしょう。でも私にとってカナダと言ったら、プリンスエドワード島しか考えられません。そう、「赤毛のアン」の舞台です。プリンスエドワード島はカナダの東海岸にあり、北米の地図を見るとニューイングランド地方とは非常に近く感じられます。東部へ行くならモントリオールは外せないなということで、モントリオールとプリンスエドワード島をレンタカーで往復するというかなり大胆な計画となりました。どのへんが大胆かと言うと、日程の関係もあり、どうしても1日1000キロ走らなければいけない日があるというところです。実績としては北欧旅行で1日600キロ走破というのがありましたが、今回はそれを大きく上回ります。付け加えるならば、ドライバーはオット一人です。はたして記録更新はなるでしょうか?

今回準備したのはモントリオールまでの往復航空券と、レンタカーと宿の予約です。散々迷ってカナダのロードマップは買いませんでした。あとはいつもの旅の友「地球の歩き方」です。アメリカでは航空券の値段が刻一刻と変動しているようで、今回は非常に安く購入できたと思います。何しろ電話している最中に「あ、もっと安いのが出ました」と言われたもので。航空券と言えば、最近では日系の航空会社も採用をはじめたようですが、E-Ticketというシステムにより紙の航空券が不要になり、座席もあらかじめ確保されてリコンファームも必要なくなったのは便利ですね。どちらかといえばなぜ今まで必要だったのか、という気もしますが。

ではいよいよ出発です。


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com