カナダ東部の旅〜2001年夏

Updated on 2002.05.24

■フレデリクトンとケベック・シティ(その2)

St John River in the morning フレデリクトンの町中をセントジョン川が流れており、私たちの泊まったホテルはこの川沿いにありました。朝目覚めるととってもいい天気!川の写真を撮ってから出発しました。

ホテルに朝食は付いていなかったので高速にのる前にマクドナルドに寄りました。海外初の朝マックです。実はアメリカのマクドナルドのマークは日本のとは違うのですが、カナダのは日本のに近いと思いました。つまり普通の曲線のMですが、アメリカの場合はその下に⌒の上下逆がついているのです。わかります?スマイルをあらわしているのだと思います。ちなみに店員さんは仏語ネイティブのようでした。Hが落ちてましたから。わかってても結構聞き取りが難しいんですよね。そうそう、プリンスエドワード島では久々にアメリカン・イングリッシュでしたが、グリーンゲイブルスの短いフィルム上映には英語版とフランス語版がありました。これがアメリカなら、英語版とスペイン語版なのでしょうがね。

ケベック・シティまでの道中は景色を楽しみました。往きにも同じ道を通りましたが、今回は晴れていますからね。起伏があったので視界が開けるたびにおお!という感じです。車窓はどちらかと言うとニュー・ブランズウィック州のほうが楽しめます。ケベック州に入ってからはちょっと単調になりました。

Steep slope in Quebec City ケベック・シティ到着後、ホテルにチェックインしてから、プチ・シャンプラン通りに降りる階段の途中にあるカフェで遅いランチを取りました。通りはかなりの賑わいです。カフェでゆっくりしたあと、ロウワー・タウンを北に回りこみ、骨董街を歩いて(残念ながら日曜日でほとんどの店は休み)、旧市街に戻りました。写真は急な坂を城壁まで上ったところです。いろは坂のようにまだ坂道が続きます。

土産物屋を覗いた後、テラス・デュフランの端から始まる総督の散歩道を辿って、戦場公園に行きました。この散歩道には騙されました。行ってみるとずっと上り階段なのです。あとで地球の歩き方を見たら、ちゃんと階段状と書いてありました。その代わり戦場公園では素晴らしい眺望が得られますが。公園の隣にシタデルがあります。イギリス軍が建設した要塞で今もカナダ軍が駐屯しているということで、夏は毎朝衛兵交代式が見られるそうです。シタデルの見学はガイドツアーに参加しなければならないので、明日の朝見学しようということになりました。

ところが、夕方にはものすごい風が吹き始めました。だんだん外を歩いているのがしんどくなり、早々にホテルに戻ることにしてしまいました。お天気はどうなるのでしょう?


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com