メキシコの旅〜2001-2002年冬

Updated on 2002.11.25

■ウシュマル

目玉第3弾、ウシュマル遺跡です。昨日の新チチェン・イツァーはマヤとトルテカの融合と考えられていますが、ウシュマルはそれよりも前でマヤの特色が濃いそうです。メリダから南に80キロのジャングルの中にあります。道路地図もなく、標識を頼りに行きましたが、特に迷うこともなく無事到着。昨日に比べるとチケット売り場も静かです。虫除けしたにもかかわらず結構虫に食われたので、今日はさらに念入りに。

Piramide del Adivino ゲートを抜け丘を上ると、またいきなり魔法使いのピラミッドです。丸みを帯びた形は珍しく、美しいピラミッドです。他のグループのガイドさんに倣って、正面で手を叩くと、またもやビイィィィインと響きます。不思議ですね。何のために?球戯場の場合は試合中の選手の言葉がよく届くように、という説明がありましたが…。このピラミッド、昔は登れたようですが、今は登れません。残念。

魔法使いのピラミッドを回りこむと、尼僧院と名づけられた建築物が現れます。中庭があり、四方を取り囲む形で長方形の建物が建っており、宮殿だったという説があります。今は芝が綺麗に生えているこの中庭、かつてはどんな様子だったのかと、思いを馳せてしまいます。

Palacio del Gobernador 小さな球戯場を抜け、段差を上ると、総督の宮殿が現れます。実際には何のための建物か分かっていないようですが、正面の壁がチャック像などの装飾でぎっしり。圧巻です。

view from La Gran Piramide 総督の宮殿の裏に大ピラミッドがあります。比較的階段の幅が広く、しかも総督の宮殿が高台にあって、階段の途中から登れるようになっていたこともあり、今までのピラミッドの中で一番楽でした。頂上からあたりを見渡すと、まさにジャングルの中の遺跡ということがヒシヒシと分かります。写真の左手奥が尼僧院です。この後あたりを見て周り、見学終了。

WalMart 帰りも問題なくホテルに到着。時間があったので、たまたまホテルのそばにあったウォルマートに行ってみました。アメリカのディスカウントストアで、日本で言うとダイクマのようなものですが、ここはなかなか高級感あふれる外見でビックリ。中に生鮮食品売り場があって、さらにビックリ(アメリカではスナック菓子やソーダくらいしかない)。ああ、しかし、ウォルマートで激安の軽食をとってしまい、夕食が食べられなくなってしまったのは大誤算でした。


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com