ニューヨーク観光〜2001年春

Updated on 2002.04.15

■エンパイアステート・ビルから絶景かな

4月に入って生活も落ち着いてきたので、ニューヨークに遊びに行ってみようという話になり、早起きして早朝の電車で行くことにしました。あらかじめ買っておいたチケットはとても航空券に似ています。reserved coachというチケットなのですが、号車も座席番号も印字されていません。列車は2,3分遅れで到着。はたして座席は自由でした。どこがreservedなんだろう?ボストン発なので既に二つの座席を占領して眠っている人もちらほらいました。並びの席を確保できるか不安がよぎりましたが、ひたすら移動して、空席を発見。座席は飛行機と違ってゆったりとしていました。さらに驚くべきことに席の横の壁にコンセントが!つまり窓際の席ではモバイルし放題というわけですね。ぜひ日本にも取り入れていただきたいサービスです。(確か一部車両では導入されたような気も…)海外では電車の中で居眠りしないと聞いていたのですが、思いっきり寝ている人もいたので、安心して(?)私たちも睡眠を貪りました。時々景色も楽しみましたけどね。そして、いよいよニューヨークに近くなって、よく写真などで見る超高層ビル群が左手に見えてきました。興奮しますね!ついにニューヨークです!

The Empire State Building 予定時刻に到着。Penn. Stationで降り、地上に上がって第一印象は、「空気が悪い、空が狭い。」大都会ですよね。久々の雑踏でなかなかうまく歩けませんでした。おなかが空いたのでひとまずファストフードに入り、ゆっくりと地図を眺めると、驚いたことにすぐ向かいのビルがエンパイアステート・ビルであることが判明し、早速展望台に登ることにしました。一人$9なり。

View of east Manhattan View of south Manhattan 80階まで一気にエレベータで上がり、さらに乗り換えて86階へ。ご存知のかたも多いと思いますが、ここでは外に出て景色を楽しみます。ガラス張りではないのです。さぞや風が強かろうと思いきや、さにあらず。この日は快晴で、視界は25マイル(約40キロ)とチケット売り場に書いてありました。景色を見ているとなぜか笑い出したくなってしまいます。米粒のような自由の女神も見えました。さてガイドブックにはさらに上にガラス張りで360度展望できるフロアがあると書いてあるのですが、上りのエレベータが見当たりません。係員に訊こうと思ったら別の人が同じ質問をしたらしく、"closed last year"という声が聞こえました。うーん、残念。その割に料金は$2も値上がりしてるのはなぜ??(地球の歩き方に$7とあった)そうそう、そういえば最初のエレベータで上る前に空港のような手荷物および身体チェックを行うのですが、以前銃乱射事件(?)が展望台であった関係だという話を耳にしたことがあります。もしかするとその事件以来第2展望台が閉鎖されているのかしら?(あくまでも憶測です)

エンパイアステート・ビルのちょっと南にリトル・コリアがあります。小さなエリアですが、韓国人のやる気を感じます。だって、ニューヨークにリトル・ジャパンはないでしょ?そういえばなぜかKorean & Japanese Restaurantがあるんですよね。テイスト、かなり違うと思うんですけど。

park next to library 次は地下鉄にちょっと乗って、ニューヨーク市立図書館を目指しました。まずは地下鉄についてですが、一回均一料金$1.5です。私たちは1日フリーのメトロカード$4を購入しました。誰もが言うように地下鉄もかなり安全になったらしく、私たちは結局怖い思いをすることは一度もありませんでした。そういう意味では。ニューヨーク市立図書館の裏にはオープンカフェと小さな公園があって、たくさんの人がベンチで休んでいました。またチェス屋さんがあり、いくつかテーブルにチェスボードが用意され、チェスを楽しんでいる人たちもいました。

Newyork Public Library 正面に廻ると、まあ、立派な建物。中も天井画があり、図書館というより歴史的建造物です。が、蔵書を検索できるコンピュータがずらりと並び、大勢の人が利用しているのを見ると、やはり図書館なんですね。私は行ったことありませんが、日本の国会図書館てどんな建物なんでしょう?そういえば入るときは何も言われませんでしたが、出るときはバッグの中をチェックされました。無断持ち出し防止ですね。

奇しくも私の1日前に米国入りした学生時代の友人夫妻がニュージャージー州に住んでいるので、タイムズスクエアで待ち合わせをしました。ご主人は別件で先に来ていて、奥様があとから2歳の娘さんを連れてこられたのですが、なかなか姿が見えません。電車がマンハッタンに渡るトンネルに入る前に携帯で連絡が来たと言うので、どうしたんだろうと心配していら、その連絡の後からさっぱり電車が前に進まなくなり、大幅に遅れて到着したとのこと。やっぱり電車の時刻は当てにならないんだーと、帰りがちょっぴり心配になりました。

お天気が良く気持ちいいのでセントラルパークを歩こうということになり、地下鉄で北上しました。やはり、たくさんの人が晴れた土曜日の午後を楽しんでいました。公園内の道の両脇のベンチには空きがないほどズラリと座り、芝生の広場は湘南海岸かと思うくらい日光浴をする人、フリスビーやキャッチボールをする人でごった返していました。公園を東から西に抜け、オープンカフェで一休み。日差しが暑いくらいで、ちょっと肌が焼けたかも。話を聞くと二人が住んでいる辺りは治安が良く、日本人も多くて、週に1度行商で魚を売りに来てくれるとか。お刺身が好物という娘さんも満足、というわけですね。最後にクラシック音楽愛好家にはたまらない、リンカーンセンターの周りを散策し、地下鉄で二人と娘さんと別れ、我々はホテルに向かいました。

今回ディスカウント価格で予約したホテルはロウアー・マンハッタン、ウォール街のそばにあります。2人1泊$150税サ込み。ディスカウントの理由は外壁を工事中だかららしいのですが、騒音はありませんでした。面白いのはキーカードを通さないとエレベータが動かないこと。セキュリティレベルが上がりますよね。部屋はこじんまりとしていましたが綺麗だし、設備も整っていました。モジュラージャックもあるし、場所柄から言ってもビジネス向けの要素が強いんでしょうね。一休みして夕食を食べにいくことにしました。目的地はチャイナタウン。地下鉄路線図とにらめっこして、乗り換えたところまでは良かったのですが、その電車が途中でしょっちゅう止まり、さらに駅を通過しました!どうやら急行だったらしく、降りたい駅は通過されてしまいました。仕方なく止まった駅で降りてみると14St. Union Sq.でした。周りは繁華街なので、ここら辺で探そうということになり、結局アメリカンレストランに入りました。ちなみに私はサラダを注文しましたが食べきれませんでした。こうしてニューヨーク観光1日目は無事(?)終了しました。


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com