ニューヨーク観光〜2002年3月

Updated on 2002.04.26

■到着早々

実家の父母弟がニューヨーク経由で遊びに来ることになり、私も観光のお供と称してオットをおいて遊びに行って参りました。一応ガイド役でもあるので、それらしくニューアーク空港までお迎えに行ったのですが、一つ失敗。ニューアーク空港は三つのターミナルからなっていて、コンチネンタルで来ることがわかっていたのでガイドを見てみると、ターミナルCがコンチネンタル専用になってました。それで何の迷いもなくターミナルCに行くと、到着案内にはBと書かれています。係りの人に尋ねると、国際便は全部ターミナルBに到着するとのこと。そうだよなー、入国審査も税関も航空会社に関わらず一つにまとまってるはずだもんなあ。というわけで移動。時間にたっぷり余裕があって良かったです。行ってみるとガラス張りの立派な(?)到着待合ロビーが。これだよ、これー。ホッと一安心。

飛行機は予定通り到着したらしいのですがなかなか荷物が出てこなかったらしく、三人はゆっくりめの登場。話もそこそこにタクシー乗り場へ急いでいると、ウェルカムボードらしきものを持った女性に呼び止められました。どうやらマンハッタンにタクシーで行くのなら乗合しないかと言っているようでしたが(違うかも)英語ヨクワカリマセーン、と逃げてしまいました。こちらは四人、既にタクシー一台でギュウギュウだし。さてタクシーで無事マンハッタン島に渡ると、本領発揮というか、かなり強引な車線変更などをして強気で攻める運ちゃん。ホテルのちょっと手前くらいで「俺の運転怖いか?」と訊いてきたので「いいえ」と答えたら、バックミラーで後部座席に座っていた父を見て「彼に怖かったか訊いてみて。身をすくめてたから」と笑いながら言いました。日本語で父に尋ねると父は日本語で「いや」とこたえましたが、それが英語のYeah(イエスの口語)に聞こえたらしく、やっぱり〜という感じで運ちゃんが笑ったので、私も笑いながら否定しておきました。

ホテルに着いてちょっと休憩し、日暮れを待ってからエンパイアステートビルへ。ビル自体の照明は赤白青とフランスの国旗のようで、今日はセント・パトリック・デー(緑がシンボル色)だったのになあとちょっと疑問。さて入ろうとすると入り口で写真つきIDの提示を求められました。元々荷物チェックはありましたが、さらにセキュリティレベルが上げられてますね。ホテルにパスポートを置いてこなくて良かったです。チケット売り場に行くとものすごい列の長さでビックリ。すると係りの人が別のアトラクションとのコンボチケットなら五分待ちくらいで買えますよと宣伝し、何グループかは決断して行きました。私たちは待ち続けましたが。

Tribute in Light 展望階に上がってみると、混んでいた理由が分かりました。先日からワールド・トレード・センター跡地でツインタワーを模した二本の光の塔(?)が建っているのです。この日はあいにく曇っていましたが、晴れていたらもっと上まで光が届くのでしょう。

midtown at night 夜景は天候にほとんど左右されず楽しめるのでいいですね。靄がかかっていると余計幻想的に見えたりしますし。寒さにめげず360度の光の洪水を満喫しました。それでもやっぱり寒かったですけど。こうして到着第一日目の観光は終了しました。


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com