ニューヨーク観光〜2002年4月

Updated on 2002.05.03

■鳩の襲撃

St. John the Divine 最終日は良く晴れ、ちょっと暑いくらいでした。まずは私の希望でコロンビア大学そばのセント・ジョン・ディバイン大聖堂へ行きました。世界最大のゴシック様式の大聖堂で、しかもまだ建築途中という代物です。後で聞いた話では数ヶ月前に火事があったそうですが、特に気づきませんでした。2ドル払って中に入ると、見たこともないくらいたくさんの綺麗なステンドグラスが。奥には趣の異なる礼拝堂がいくつもありました。そういえばガイドに載っていたギフトショップが見当たりませんでしたが、これが火事の影響でしょうか?

外に出て地下鉄の駅に向かって歩いていると、前方から鳩の大群がこちらに向かって飛んできました。ヒッチコックの鳥を彷彿とさせるほどの数で羽音も荒々しく向かってくるので、何事かと立ちすくんでしまいました。友人はこのとき冷静に「糞を落とされるんじゃないか」と心配していたそうですが。いつのまにか近くにいた大きな袋を持ったおばさんが「私が餌をやるから集まってきたのよ」とニッコリ言いました。なるほど、ホームアローン2を地でいく鳩おばさんだったのですね。さすがに身体に止まりはしませんでしたが、鳩達はおばさんの周りに集まり、餌をもらっていました。ボランティアなんでしょうかねえ。とりあえず、原因がわかってよかったです。

robot 次にソニー・ワンダーに行きました。ここは無料で音や映像を使って遊べるところ。入り口にはロボットがいて、これが驚くほど普通に会話するのです。もちろん英語ですが、子供たちと話してました。カメラを向けたらこちらを向いてくれるし、まさにSFに出てくるロボットのようでした。ここでは入るときにバーコード付きのカードをもらい、最初に自分の名前や顔写真を登録し、最後に終了証がプリントアウトされます。やはり子供が多く、それでも負けじと遊んできました。

最後はアフタヌーンティーで締めくくりです。イギリス料理の店は珍しいと思います。お店はとっても小さかったけど、量は多かった!でもサンドイッチもスコーンもイギリス式で感動しました。友人と「アメリカのスコーンはスコーンじゃない」と意見の一致を見てましたから。それから何も言わずにミルクが出てくるところも。でも最後に残りを持ち帰り用に詰めてもらったら、優に1人前はありましたけどね。そこはアメリカ式?

各国料理を楽しみ、おしゃべりに興じ、観光もゆっくりできて満足の旅でした。またまた地下鉄の路線にも詳しくなった気がするし。すぐ忘れちゃいますが。ああ、ニューヨークよ、また会う日まで。<おわり>


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com