ニューヨーク・ナイアガラ観光〜2002年6月

Updated on 2002.06.24

■予想外

Columbia University 1ヵ月半ぶりにニューヨークに降り立ったのはお昼過ぎ。日本から遊びに来るお義母さんと義妹を空港に迎えに行くのは夕方なので、まずはホテルにチェックインして身軽になってから、コロンビア大学に向かいました。由緒正しい〜といった感じの図書館を写真に収め、後はブックストアにグッズを見に。ロゴ入りTシャツとかって、日本の大学のを着る気にはなれないのに海外のはOKって、変ですかね?ちなみに私ではなくオットが買ったんですけど。

ラ・ガーディア空港まではコロンビア大学前から市バスに乗ることにしました。そしてバスの中からではありますが、初めてハーレムを目にしました。見事に黒人ばかりでした!数人白人を見かけましたが、アジア人は皆無。でもバス路線が大通りだからか、お店も道行く人の格好も、ごく普通で怖い感じはしませんでした。夜とか路地はまた別かもしれませんが…。ところでアメリカの国旗ではない旗をデザインしたTシャツを着ている人をたくさん見かけました。この理由は後に判明します。

予定より30分遅れで飛行機が到着し、問題なく二人と合流。タクシーでマンハッタンのホテルに向かいました。ところが道がものすごく渋滞していて、先ほどのTシャツを着た人がさらに増えています。タクシーの運転手さんによると、明日プエルト・リコのパレードがあるとのこと。あれはプエルト・リコの旗だったのか〜。今から既に熱気が感じられるこのパレード、結局何のためのパレードかはわからずじまいでした。

ホテルの部屋ではひと騒動ありました。ケーブルテレビだったので当然見られるであろうと思っていた、ワールド・カップの試合を生放送するチャンネルが見当たらないのです。オットは気も狂わんばかりにリモコンを操作し、何とか中継しているチャンネルを発見できたときは心底ホッとしていました。何しろニューヨーク滞在中に日本の試合が予定されていたのですから。しかし旅行中なのに夜中に起き出してサッカーの試合を見るって、どうよ?って感じですが。


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com