ケープコッド日帰りドライブ

Updated on 2002.09.06

よく晴れた日曜日、マサチューセッツ州南東部に湾曲して突き出した半島、ケープコッドに行ってきました。朝ゆったりめに出ましたが道も順調で、あっという間にケープコッド・キャナルに架かる橋を渡り、サンドイッチという小さな町に到着。しかしあまりに小さすぎたのでタウンホール横の水車や町の雰囲気を車窓から楽しむ程度にとどめ、先を急ぎました。お昼をどこで食べようか悩んだのですが、ケープコッドの中では大きな町ハイアニスに行けば何とかなるかもということで安易に決定。しかしひょいと入るのはなかなか難しく、結局ツーリストインフォメーションに立ち寄ったときにもらった無料ガイドに載っていた、港を見ながらシーフードを頂けるカジュアルなオープンカフェに行くことにしました。住所がわかっても細かい地図がないため勘を頼りに探し、何とか発見。よく晴れて暑い日でしたが、パラソルの下で風も心地良く、港に出入りする船を見ながら優雅なひとときでした。

Chatham Lighthouse 昼食の後はひたすら東に進み、チャタムという小さな町に。町の規模に比べて人出が多く、駐車場に車をとめてメインストリートを歩いたのですが、かわいらしいギフトショップなどが建ち並んでいました。しばらく歩くと海沿いの道に出て、さらに歩くと海水浴客で賑わう砂浜と灯台が。まさにリゾートという感じでした。

Pilgrim Monument あとは一気に北上し、ケープコッドの先端にあるプロビンスタウンを目指しました。道路標識を見ていると途中にもたくさんのビーチがあるようです。途中でプロビンスタウンの方向を見ると、うっすらと高い建物が見えました。それが写真のピルグリム・モニュメントでした。プロビンスタウンは海辺の軽井沢という感じで、一番の賑わいでした。そんな中、閉館時間が迫っていたので急いで丘を上り、ピルグリム・モニュメントに入りました。この塔にはエレベータがなく階段を上らなければならないので、かなりしんどかったですが、上からの眺めは最高!強いくらいの風が吹き付けます。左は車で通ってきた方向です。幅が狭く、湾曲していることがわかるでしょう。右は港の向こうに細い先端が見えています。わかり辛いですけど真ん中の白いポツポツは停泊中のヨットです。

Veiw from Pilgrim Monument1 Veiw from Pilgrim Monument2

graffito 塔の壁には落書きがありました。どこの国でも考えることは同じ…と思ったら、中には男同士の名前も?さすがゲイの町といわれるプロビンスタウンですね。ピルグリム・モニュメントはプロビンスタウン博物館と一緒になっており、ざっくり見たのですが、最初に入植したピルグリム・ファーザーズについての展示が興味深かったです。そして丘を下り、ちょこっとウィンドウショッピングをしました。たまたま入ったパズルの店で店員さんがゲイっぽかったのですが、それを見たオットはなぜか満足げでした。

本当は泊まりでゆったりリゾートが正しいケープコッドの楽しみ方かもしれません。そうすればホエール・ウォッチングにもいけるし。しかし駆け足でしたが、ケープコッドらしい景色も楽しめたし、満足の一日でした。<おわり>


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com