スコットランド&イングランドの旅〜2002年夏

Updated on 2002.08.29

■ロンドン観光

今日は前回行けなかったロンドン塔と新しくできたらしいTate Modernに行くことにしました。まずは地下鉄の駅でワンデートラベルカードを購入。オフピーク(9時半以降)でゾーン1-2以内のエリアなら4.10ポンドで、3回乗れば元が取れます。お天気は今のところ晴れているけど、雲の動きは速く、油断できない感じです。急げ、急げ!

Bell Tower さすが観光名所、チケット売り場でちょっとした列ができていました。ロンドン塔の血なまぐさいイメージとは裏腹にいわゆる宮殿という印象です。入ってすぐのところでヨーマン・ウォーダーという衛士が黒地に赤の縁取りをした衣装で、観光客に説明をしています。私たちはその後ろを通り、ベルタワーの前へ(写真)。このベルタワー、内部は見学できませんが、かのエリザベス1世も幽閉されていたことがあるとか。案の定雨がぱらついてきたので、すぐに中世の宮殿に入りました。13世紀の宮殿内部を再現しており、さほど華やかさはありません。もちろん当時としては贅を尽くしていたんでしょうけどねえ。

The Raven in Tower of London 写真はただのカラスに見えますが、そうではありません。ロンドン塔のカラスは有名で、言い伝えでロンドン塔からカラスがいなくなると英国王室も終焉を迎えると言われ、今も飼育されているのです。カラスがいると余計不吉っぽい気がしますけどね。

一番古くに建てられたホワイト・タワーでは武具の展示が行われています。可笑しかったのは以下の二つ。左は妙なところが膨らんでいるのがお分かりですか?見栄なのかそうなっていないとつらいのか、定かでありませんが。そして右はどう見ても日本の甲冑です。思わずウソーと叫んでしまいましたが、説明書きを見ると江戸時代、徳川の将軍から送られたものだそうです。まだ鎖国する前だったのかな?

Armour1 Armour2

ロンドン塔では英国王室の王冠や財宝が見られます。一番人気の王冠の展示コーナーではなんとショーケースの両側が動く歩道のようになっていました。そうでもしないと人々がへばりついて離れなくなってしまうのでしょうか?その手前で実際に身につけている儀式などの模様を大画面で見せており、ありがたみが増します。その輝かしさの陰で、ビーチャム・タワーには囚人たちが壁に彫りつけた落書きが残っています。落書きといっては軽くなってしまいますが、主に自分の名前だとかを多くの人が丁寧に綺麗に彫っています。ここでもヨーマン・ウォーダーが説明をしていました。またこのタワーの前に処刑場跡があります。今は綺麗に芝が植わっていますが、妙な心地になりますね。

Tower Bridge なかなか見どころがいっぱいで結構時間がかかってしまいましたが、これでロンドン塔を離れ、テムズ河にかかるタワー・ブリッジを渡りました。上流に童謡で有名なロンドン橋が見えるのですが、今では何の変哲もない橋でした。駅に向かう途中チケットビューローを発見し、無謀にもむくむくとミュージカルを見たくなってしまった私。当日券は劇場に問い合わせてくれと言われたので、後で劇場街に行くことにしました。

Southwarkという駅で降り、Tate Modernを目指したのですが、なんだか人気が少ない。一応サインが出ていたので道には迷いませんでしたが、そんなに行かないのかなあと思っていたら、どうやら私たちは裏からアクセスしたようです。元火力発電所の建物を利用したというこの美術館は河岸に建っているのですが、正面にミレニアム・ブリッジという歩行者用の橋がかかっていて、皆こちらから来ているようです。常設展示だけなら無料ですので列をなしているチケット売り場を横目に鑑賞開始。いやー、現代アートは難しいですね、正直言って。中にはわかりやすいのもあって、はっとさせられたり、何じゃこれというのもあったり。グランドピアノが天井からぶら下がっている作品のそばを通るときはビクビクしました。何て言うか、贅沢な空間でした。さて美術館を出ようと思ったら、外は土砂降り。そこで美術館の中のカフェでお茶をして、小降りになるのを待ちました。

今度はミレニアム・ブリッジを渡ってテムズ河の北側に戻り、地下鉄を乗り継いで劇場街へ。しかし世の中そんなに甘くはなく、見たいと思うメジャー系はどこもいっぱい。途中ちょっと怖いところに迷い込んでしまったときは無口になりながら急いで元来た道を引きかえしたりしましたが、街歩きも楽しかったです。そういうわけで比較的ゆったりめの旅行もこれで終わり。前半はトラブル続きでしたが、後半は純粋に観光が楽しめて良い思い出がいっぱいできました。さて一つ書き残してること、それは帰りの飛行機のことですが、てっきり往きと同じ航空会社だと思い込んでいたら、違った!パーソナル・ディスプレイじゃなかった!!そうと知っていれば、往きに目いっぱい映画を見ておくんだったのに…。<おわり>


ぷう猫 E-mail: poohneko@hotmail.com